毎日の中で、情報発信 ヒラメク事を!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ニッシー at --/--/-- --:-- | Top▲

40 歳でも“老眼”は始まっ


40歳でも“老眼”は始まっている
2005年01月18日

 “老眼”――耳にしたくない言葉ですね。働き盛りのビジネスマンの方は、「まだ自分とは無関係」と考える方も多いと思いますが、実際には、40歳頃から既に始まっている症状なのです。ここでは、誰もがいずれ経験しなければならない“老眼”について詳しく述べたいと思います。



 人間の目は、「毛様体」という部分の筋肉が収縮し、水晶体を膨らませることでピント合わせ(調節)を行っています。若い頃は、遠くも近くもピントを合わせる力(調節力)が十分にあるのですが、年齢とともに水晶体の弾力性が低下することで、この力が弱まっていくのです。

 具体的に近くの物を見るときには、水晶体を膨らまそうとするのですが、水晶体の弾性が失われると十分に膨らませることができません。このように年齢とともに調節力が低下することで、近くにピントが合わなくなる現象が“老眼”なのです。



 なんとなく近くがかすむ、本や新聞の字がぼやける、物を少し離すと見やすくなる、眼鏡をかけていると疲れやすい――といった症状があります。



 よく聞かれることなのですが、答えは“ノー”です。近視の人は、近くのものにピントが合っているために、老眼を自覚しにくいというだけなのです。近視の人でも遠くを見る眼鏡をかけている状態では、同じように近くが見えにくくなります。

 逆に、遠視のように若い頃遠くの方がよく見えていた人は、早い時期から老眼を自覚することが多いと言えます。

近眼なので ならないと思ってましたので、ショックです。

現実を受け入れないと

スポンサーサイト
Posted by ニッシー at 2008/04/14 11:46 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
40 歳でも“老眼”は始まっへのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。