毎日の中で、情報発信 ヒラメク事を!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ニッシー at --/--/-- --:-- | Top▲

ブラックシリカ


ブラックシリカとは
 国内外で唯一、北海道上ノ国町(かみのくにちょう)神明(しんめい)地区に流れる天の川(あまのがわ)上流の山中から産出される黒色鉱物(鉱物名:黒鉛・珪石)を厳選した貴重な天然鉱石のことで、数億年の間、海底の珪藻類を堆積したものと推定され、多くの天然ミネラルを含み、遠赤外線(生育光線)、マイナスイオンを高レベルで大量に放射・発生する優れた特性をもちます。 黒鉛珪石(ブラックシリカ)の特性に注目し、各分野での用途研究も進み、汚水浄化濾材として使うと浄化微生物の活性化により浄化が促進されることや、土壌に黒鉛珪石(ブラックシリカ)を混入することで農作物の収量が増えたり、ビートの糖分が増すことなどがわかり、水質浄化や農業分野などでも活用されようとしています。
また、黒鉛珪石(ブラックシリカ)から放出する遠赤外線により身体を芯まで温めることが期待され、温泉旅館などではその旅館の特色をだすために浴場の壁やタイルの下地、湯の湧出口に使われたりしています。
  最近では、宇宙や原子力用の高温構造材料として注目されている「窒化ケイ素ウイスカー」の原料に 黒鉛珪石(ブラックシリカ)を使うと、良質のウイスカーが低コストで得られるとして大学などの研究機関で研究されています。
このような状況の中、ブラックシリカの優れた特性である遠赤外線等の放射や酸化還元反応を応用した技術の研究や開発により、全国的に認知されるとともに、世界的にも注目を浴び始めております。
【ブラックシリカが最も優れている点】
 黒鉛珪石(ブラックシリカ)の最も大きな特徴は炭素を含み半導体のような働きをすること、例えばゲルマニウムのように温度が上がれば電気抵抗が低下(電気が流れ易くなる)します。
ご存知のとおり人間の体も微弱な電気信号で神経伝達がなされております。
 近年の人間は土に触れることが極めて少なくなり(アスファルトの道路をつたい乗り物で移動し建物の中で暮らしている)裸足で土に触れることは殆ど無いのが現実です。 そして満員電車で他人と擦れあい、会社では対人関係で摩擦を生じ常にプラスイオン(静電気)につつまれた状態なのです。 炭素を含む鉱石はダイアモンド、石炭など数多く存在しますが電気を通す働きをもった石は石墨とブラックシリカだけです。そういった点からも黒鉛珪石(ブラックシリカ)は特殊な鉱石なのです。

なかなかいいらしい!
スポンサーサイト
Posted by ニッシー at 2008/07/15 17:20 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
ブラックシリカへのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。