毎日の中で、情報発信 ヒラメク事を!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ニッシー at --/--/-- --:-- | Top▲

アナカリス (オオカナダモ)


アナカリス (オオカナダモ)
二酸化炭素や光量が少なくても育つ。新芽は金魚に食べられることもあるが、金魚が産卵する水草にもなる。うまくアナカリスとアナカリスの間はきっと金魚の隠れ家(寝るところ)になるだろう。 浮きやすいので、そのまま砂利に植えるのは困難。市販されている水草固定材などを使用しよう。それでも、金魚が突っついて抜かれる場合があるので、根気よく植えつけなおす必要性もある。 購入時におもしの鉛がついていたら、鉛は取って捨てよう。(鉛が水中に溶けると金魚の健康を害する。) 元々は南アメリカ原産だが、水質が悪くても元気に育つ為、日本の湖などでも大繁殖している。環境により5月~10月頃には白い花を咲かすこともある。長くなったらハサミで切り、植えつけるとまた育つ。

この分を昨日 買いました。勉強不足なところが多いなと 反省しています。
スポンサーサイト
Posted by ニッシー at 2008/10/17 14:56 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
アナカリス (オオカナダモ)へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。