毎日の中で、情報発信 ヒラメク事を!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ニッシー at --/--/-- --:-- | Top▲

カスピ海ヨーグルト


カスピ海ヨーグルトのふるさとはどこ? ヨーロッパ東部の黒海とカスピ海に囲まれた「コーカサス地方」がカスピ海ヨーグルトのふるさとです。
この地域は日本の北海道付近の緯度に相当し、四季があり気候も温暖なため、耕作や牧畜にも最適な地域です。そして現地では「センチナリアン」と呼ばれるたくさんの100歳を超えるお年寄りが元気に暮らしていることから、世界でも屈指の長寿地域として知られています。
どうして日本にやって来たの? 長寿の研究で著名な京都大学名誉教授の家森幸男先生が、WHO(世界保健機構)の協力を得てコーカサス地方での調査をした際、村人が毎日食べている食事のサンプルを集めたところ、いくつものヨーグルトが集まり、栄養分析のために持ち帰りました。家森先生は分析の残りを自家製で食べ続け、ごく身近な人に分け ただけでした。日本の気候風土にもあったのか人づてに株分けされ、いつしか「カスピ海ヨーグルト」と名づけられ、日本中に広まっていったのがはじまりと考えられます。
家森先生によるコーカサスでの調査 1986年・1987年、家森先生によって、コーカサス地方の食事と健康に関する調査が長寿学の権威者である、グルジア科学アカデミー実験形態研究所のダラキシビリ博士の協力を得て、中部コーカサス地方の山裾にある村を訪問、48~56歳*の人、長寿でお元気な90歳以上の人々を対象に実施されました。

*年齢の範囲はその地域の状況によりかわり、平均は52歳
現地の食事と長寿の秘密 この地方の日常的な食物は、小麦ととうもろこしで作ったパンで、その中には香味野菜とチーズを混ぜたものも食べていました。調査の結果、血圧は意外と高い101歳の老人もいましたが、重篤な病気を持っているわけではなく、薬を飲んでいるわけでもなく健やかに日常生活を送っていました。この血圧の高さは 、高地の冬に食べる保存食の塩分が原因と思われますが、脳卒中や心筋梗塞も少なく元気なのは、おそらく野菜や果物、それに乳製品、肉、豆類、淡水魚からのたんぱく質の摂取量が多いからだと考えられました。コーカサスはプルーンの生まれ故郷と言われています。ぶどうは皮や種も一緒に食べられていましたが、このことによ って食物繊維やカリウム、老化を防ぐポリフェノールをたっぷり摂取できるのです。この地方で有名な焼肉料理のほか、ゆでたり蒸したりして脂肪分を除いた肉を多く食べ、豆の煮物などもよく食べられていました。また、さらにこの地域には日本の沖縄に見られる大家族制度があり、センチナリアン(百歳老人)は社会の中で長老 として尊敬され、いつも家族と共に食事を楽しんでいるということ
も長寿の秘訣として挙げられるでしょう。
家森先生とカスピ海ヨーグルトの出会い 家森先生がこの調査の準備のため1983年以降3回も旧ソ連邦を訪ねられた際、はじめてグルジアを訪れられ、そのときにセンチナリアンの歓迎を受け、ぶどうを沢山食べましたが、その後日本人のみは下痢をして大変だったそうです。しかし現地の御高齢の方はみなお元気で、家森先生はひょっとすると蝿がたかってい るぶどうを食べても元気なのは、沢山食べるヨーグルトのせいかと思われました。コーカサス地方は各家庭に代々伝わるいろいろなヨーグルトがあり、新鮮なミルクを注ぎ足しながら手作りされています。日本人のヨーグルトのイメージとは違い、中にはねっとりとしたものもあったそうです。
家森先生は分析を済ませたヨーグルトでたまたま元気だったものを、現地の人々に教わったとおり、スプーンに2、3杯牛乳に入れ、一晩そのままにしておいたそうです。翌日には当時日本ではまだめずらしかったとろりとしたヨーグルトが出来上がっていました。
それ以来このヨーグルトは家森家の朝食の定番になったそうです。その後、菌の分離、同定や整腸効果をはじめとする健康効果、免疫強化作用について厳密にデザインされた臨床研究が行なわれ、このヨーグルトが長寿の秘密のひとつである可能性が、学術的にも明らかにされてきています。

今日 はじめまして食べました。粘りがあり さっぱりして おいしかっです。
スポンサーサイト
Posted by ニッシー at 2008/03/11 11:29 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
カスピ海ヨーグルトへのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。