毎日の中で、情報発信 ヒラメク事を!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ニッシー at --/--/-- --:-- | Top▲

篤姫を


第14回「父の願い」(4月6日放送分)
御台所になどなれるわけがない、と英姫(余貴美子)に断言された篤姫(宮崎あおい)は、鬱々とした日々を江戸の薩摩藩邸で送っていた。家祥(堺雅人)は、朝廷より将軍宣下を受け、名を家定と改め、第13代将軍となった。生母の本寿院(高畑淳子)も、そろそろ御台所の件を固めたいと老中らにはっぱをかける。 年が明け、アメリカのペリーが再び江戸沖に現れた。斉昭(江守徹)は、徹底して鎖国・攘夷を主張するが、井伊直弼(中村梅雀)らは和親条約を締結。下田と函館の港を開くこととした。
この騒動のため、江戸から急に呼び戻された斉彬(高橋英樹)は、薩摩を出立する直前に病床の忠剛(長塚京三)を見舞う。その際に忠剛から一つの頼み事をされる。江戸の薩摩藩邸に到着した斉彬に、篤姫は御台所の件について素直に問いかける。斉彬は、斉昭らの反対があることを包み隠さずに話す。また、忠剛が 随分と前に亡くなってしまったことも話してしまう。忠剛は、つまらぬことで篤姫を動揺させたくないと、亡くなってもそのことを篤姫には伝えてくれるなと斉彬に遺言していたのであった。伝えるなと言った父・忠剛の気持ち、それでも伝えた父・斉彬の思いに、篤姫は熱く涙するのであった。 篤姫は、薩摩・島津家の分家に生まれながら、江戸幕府の第13代将軍・徳川家定(いえさだ)の正室となった女性。しかし、病弱だった家定は嫁いでから約1年半後に亡くなり、篤姫はわずか23歳で落飾して「天璋院」と号す。将軍の跡継ぎをめぐる幕府内の凄まじい抗争、さらには 、篤姫の故郷薩摩を中心とした反幕府運動の激化……。篤姫は大奥を預かる総帥として、明治維新の動乱の中、嫁ぎ先である徳川宗家のために、そして日本のために力を尽くした。また、江戸城に迫りくる西郷隆盛ら薩摩藩を中心とした新政府軍に働きかけ、無血開城の実現にも大きな役割を果たした。明治維新後は、徳川宗家を継 いだ家達(いえさと)らの教育に専念し、未来の日本を支える人材の育成に心血を注いだ。

最近
テレビ番組をあまり見ていなかったっけども 録画して 車の移動中に見ることにしました。昔はよく見た 時代大河ドラマをも見て行こう!
とにかく録画しよう
スポンサーサイト
Posted by ニッシー at 2008/04/12 12:11 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
篤姫をへのトラックバックURL
http://6500sou.blog85.fc2.com/tb.php/994-5d7ecd86
篤姫をにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。