毎日の中で、情報発信 ヒラメク事を!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ニッシー at --/--/-- --:-- | Top▲

太王四神記は


太王四神記は、その昔、神がこの地に下りていたと言われる太古の時代から果てしない広大な大地で繰り広げられてきた争いの中で正義と愛故に戦い抜いた人々を描くスペクタクルで、ファンタジック、そして切ないラブストーリー(愛の物語)である。高句麗の人々は数千年もの間、自分達がチュシンの国の末裔であると信 じ、約束された王を待っていた。 そうしたある日、夜空にチュシン王の星が浮かび上がった。 その星は朝日が昇るときまで、徐々に明るくなっていった。国の祭祀を司る天地神堂では、その夜明けに、「昨夜、王が生まれた。我々が数千年を待っていたチュシンの王が生まれた。」と公表する。そしてその晩、表沙汰にはならない暗黒の世界での闘いがあった。
その晩に生まれた王の末裔、すなわちファヌンから始まり歴代の大王に繋がる天の血を受け継ぐ王家の子孫が、ヨン氏家のホゲであることが明らかにされた。高句麗で王よりも多くの数の兵を従えたという第一貴族であり、王に次ぐ地位である太大兄ヨンガリョを父とし、現ソスリム王の妹を母として生まれたという、名実共 に王の末裔だった。
現ソスリム王の弟であるオジジにも息子が生まれた。その名前はタムドク。しかし、残念ながら王の星が輝いた晩から数えて三日後の誕生であったと言われていたのだが‥‥。太王
広開土大王(クァンゲドデワン) のこと。高句麗の第19代王(375~413:在位391~413)。名前はタムドク(談徳)。日本の教科書には、「好太王」という名前で登場する。高句麗の全盛期を作り上げた王として、 韓国の国民的英雄。

韓国の大河ドラマも見て 韓国語も勉強しないとね!
スポンサーサイト
Posted by ニッシー at 2008/04/12 13:37 | トラックバック:0 | コメント:0 | Top▲
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
太王四神記はへのトラックバックURL
http://6500sou.blog85.fc2.com/tb.php/995-84e4e3e6
太王四神記はにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。